So-net無料ブログ作成

1か月・・・ [雑記]

多大な被害をもたらした東日本大震災の発生から1か月が過ぎました。
ようやく1か月が過ぎたのでしょうか、それともまだ1か月しか過ぎていないのでしょうか
TVや新聞を見れば、だんだんと「日常」が取り戻されてきているように感じられますが、被災地で避難生活を余儀なくされている方々にしてみれば、まだまだ先が見えない「非日常」の連続かと思います。

私の会社は食品関連の仕事なのですが、原発事故に関連して、ありとあらゆる取引先からやってくる膨大な調査書類や見解書の作成などに追われておりました。先週あたりから、ようやく落ち着きを見せてきているかなといったところですが、輸出用の製品に関しては壊滅的な状態が続いています。お隣の韓国からは「日本政府発行の安全性を証明する書面を添付しない限り輸入させない」といった通達が来ましたが、日本政府がそんな書類を発行してくれるはずもありません。色々と交渉をしてはセシウムやヨウ素の分析を毎回全ロットにて行うことで了解を得たりしていますが、それに要する時間や費用は多大なものです。

風評被害が報道されていますが、実際に生じている風評被害は野菜や水産物にとどまらず、広範囲にわたっています。それにもかかわらず、行き当たりばったりの対応しかできないような政府、先見性が疑われる東電の対応、掘り下げた報道ができないマスコミ、この人たちを見ていると憤りを感じてしまう毎日です。

それでも被災地復興のためには、私たち一人一人が自分のいる立場で全力を尽くすことが大切だと思い、日々を頑張らないといけないなと自分自身を叱咤激励しています。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。